RSS
 

ご報告

【ご報告】

この場を借りてご報告をさせて頂きます。
私、喜納しのブーは2014年7月いっぱいにて
7年間勤めさせて頂きました(株)がんじゅうを
退職することとなりました。

尽きましてはネットショップの担当は
今月いっぱいまでとさせて頂き、
6月より、新しい担当の方と引き継がせて頂きます。
急なご報告で申し訳ないのですが、
ご理解、ご了承頂けますようお願い申し上げます。

この7年間は得ることだらけの毎日で、
会社のみんなやネットショップのおきゃくさま、
いろんなイベントや勉強会で仲良くなったみなさん、
また、メルマガ、FB、ブログ、ツイッタ−で
仲良くなった方々をはじめ、紅豚・紅あぐーを通して
出会ったいろんな方々に支えて頂き、
楽しくお仕事をしながら多くのことを学ばせて頂きました。

うまく言葉に出来ませんが、
インターネットを通して仲良くなったみなさんのおかげで、
農業の大切さ、食の大切さ、
コミュニケーションや仕事の楽しさ、
また、いろんな方から、お肉の感想などをSNS上で頂くことで、
今まで知らなかった生産から先のことを知ることが出来、
「父や家族みんなで一生懸命育てている
 紅豚と紅あぐーは人を幸せ出来る豚肉なんだなぁ」と
気付かせて頂きました。そこから、
あまり仲良くなかった父に対しての尊敬の気持ちや、
家族で経営する実家の農場の大切さに気づくことができました。
ご縁を頂いた全ての方々へ感謝の気持ちでいっぱいです。
私の人生における沢山の大切なことを気付かせて頂きました。
本当に、本当にありがとうございました。

そして、そんなご縁を与えてくれた、
(株)がんじゅうに感謝です。7年間ありがとうございました。
がんじゅうを退職しましても、私自身、
生産農家の娘であることは一生変わらないので、
今後は実家の喜納農場(きなのうじょう)の一員として、
紅豚・紅あぐーを応援して参りたいと思っております。
これからも、紅豚・紅あぐーの一層の発展を願うとともに、
外部からそのお手伝いが出来るよう、ブヒブヒ精進して参ります。

今後とも、紅豚・紅あぐーをご愛顧賜りますよう、
心よりお願い申し上げます。

【おきなわ紅豚ネットショップ】店長 喜納しのブー

紅あぐーがdancyuさんに掲載されました!!

HAPPY!ラッキー!
アンビリーバボー!

憧れの雑誌dancyuさんに紅あぐー掲載されました!!

dancyuさんと言えば一流の「食」雑誌!

dancyu

頑張って「本物」を作り続けて、素晴らしいご縁が広がって、
こんなステキな雑誌にでかでかと掲載してもらえました。
お父さん、良かったね。本当に良かったよ。

dancyu掲載写真 紅あぐー

しかも、私と父のツーショットも掲載されています!
父とこんな風に写真を撮ったのは大人になってから初めてかと思います。
ステキな写真を撮ってくださった垂水さんに感謝です。

dancyu掲載写真 紅あぐー

お父さん、私達って幸せだね。
この嬉しさは「美味しい紅あぐー」で恩返ししていこうね。

何が言いたいか分からなくなってきましたが、
とにかく嬉しい、そして感謝です。
これからも親子ともども頑張って参ります<(_ _)>


▼紅あぐー(紅あぐー物語更新しました)
http://www.benibuta.co.jp/SHOP/382068/list.html

紅豚・紅あぐー飼料内容について

食の安全が問われる今、
改めて私達の仕事の大切さを感じています。

当社、株式会社がんじゅうは
父の「安心で安全で美味しい豚肉」を
責任をもって提供していきたいという想いに
社長の桃原が賛同して設立した会社です。

安心・安全についてのこのコーナーでは、
父や社長の想いを代弁して真剣に書きたいと思います!
読んで頂けますと嬉しいです<(_ _)>

最近お電話やメールでのお問い合わせがとても増えています。

何のお問い合わせかと言いますと、


 ・「紅豚」「紅あぐー」の飼料の中に
  放射能の影響を受けているようなものはないですか?

  ・放射能の影響のある豚肉が全国に出回っているとのことですが、
  お宅の豚肉は大丈夫ですか?
 

などのお問い合わせです。

当社の独自配合飼料の中に
放射能の影響を受けている原材料はなく、

農場から直販なので
ほかの豚肉が混在することは一切ありません。

また、飼料に関しまして第三者による検査を行っております。
どうぞご安心くださいませ。(平成24年2月29日の検査です)

紅豚・紅あぐー飼料放射能検査結果


i紅豚・紅あぐー飼料の原料と産地は以下となります。
飼料には2種類りまして、子豚用のものと
大人になってからのものがございます。


子豚用育成配合飼料(基本) 

・穀類 

 とうもろこし アメリカ・アルゼンチン
 玄米     佐賀
 菓子パン粉  沖縄
 小麦でん粉  沖縄


・植物性油粕類  

 大豆油かす  兵庫
 なたね油かす 兵庫
 
・動物質性飼料 
 
 ポークチキンミール 沖縄


成豚育成用配合飼料(基本)

・穀類 

 とうもろこし アメリカ・アルゼンチン
 マイロ    アルゼンチン
 玄米     佐賀
 小麦     オーストラリア
 小麦粉    沖縄
 菓子パン粉  沖縄
 紅いも    沖縄

 
・植物性油粕類 
 
 大豆脂かす  兵庫
 
・そうこう類

 ふすま   沖縄


飼料の入手ルートは以下になります。


とうもろこし、マイロ、小麦、大麦に関しては、
アメリカ・アルゼンチン・オーストラリア等の産地から
鹿児島県志布志港に上げたものを志布志サイロから船積みして
沖縄(中城湾港)へ転送する。
玄米は佐賀の倉庫から福岡港→那覇港→県内飼料会社に入る。
菓子パン粉はぐしけんパンの工場(沖縄県内北中城村)で
乾燥処理されたものが県内飼料会社へ入る。
小麦でんこなは糸満(沖縄)のふくじゅ工場から県内飼料会社に入る。
紅いもは読谷村の農家で作られている芋が協同商会で
乾燥処理されたものが県内飼料会社に入る。
大豆かす、菜種かす類は兵庫のJオイルミルズから
船積で中城港に送られる。
ポークチキンミールは沖縄化勢工業で製造され県内飼料会社へ入る。
フェザーミール(お母さん豚の飼料に配合しています)は
沖縄食鶏、中央食品、鶏卵流通センターから協同紹介で加工され、
県内飼料会社へ入る
油かすは沖縄食糧(お米やさん)で発生し、県内飼料会社へ入る。
ふすまは沖縄製粉で発生し県内飼料会社へ入る。

また、細かい配合は以下のルートになります。

・糖蜜 県内製糖工場より
・炭酸カルシウム 沖縄県内砕石場より
・リン酸カルシウム 山口県小野田化学産より
・ネッカリッチ 鹿児島県みどり製薬より
・黒糖 県内生産工場より
・アミノ酸のリジン インドネシア産より
・食塩 長崎県産より
・海藻ミール フィリピン産より
・もずく 沖縄県産より
・ゼオライト 鹿児島産より
・パン酵母 ブラジルより


紅豚の飼料に関しましては、原料のほとんどを
全農というところから取り寄せております。
飼料に関しまして、福島原子力発電所事故に伴う
配合飼料の安全性の保障の書類が届いておりました。
上記のルートにおいて、今回の事故による直接的な
影響は受けないとのことでございます。

また、全農では豚さんの飼料も人間の食品並みの
安全性が担保されております。


実は、私の実家が「紅豚」「紅あぐー」の生産農家なのですが、
上記の飼料は父が30年かけて開発した飼料のため、
細かい内容はあまりおもてには出さないようにしております。

しかし、今回の放射能の件もあり、
少しでもご不安を解決したいと思い、
お伝えさせて頂くことにしました<(_ _)>

また、紅豚の飼料と紅あぐーの飼料は
同じものでございます。

紅豚飼料


長くなりますが、
当社の「安心・安全」に対する「想い」もお話させてください。

私の父(生産者)は当社設立以前は
とある銘柄豚のグループに属しており、

大切に飼育していた豚を
大手の食品販売会社さんに
取り扱ってもらっていました。

肉質の向上を研究しながら
毎日必死に飼育に励んでいたのですが、
生産していく上でその銘柄豚の消費量が生産量を
上回っていることを知り、更に「味が落ちてきた」などの
悪評も耳に入ってくるようになったため、
父は銘柄豚以外の豚肉が混在していることに気づいたそうです。
 

 「いくら農家が必死に良い豚を育てても
  こんなんじゃだめだ。
  質の良い豚肉を追及するには流通体系も
  しっかりしないと意味がないじゃないか。」
  
また、丁度その時期、
食肉偽装問題や産地偽装などで
食への不安も高まっている時でした。
  
父は真剣に悩んでいました。

そんな時、桃原社長と出会い、 
父の「想い」と父の豚肉の美味しさに
賛同した桃原社長がいろんな苦難を乗り越えて、
弊社、株式会社がんじゅうを設立しました。


 ▼会社設立の時の桃原社長のお話はこちらです
  http://www.benibuta.co.jp/hpgen/HPB/categories/71574.html


食の安全を守るため、生産から販売まで
一貫して管理して行いたい!!!
 
がんじゅうは父の「想い」を流通体系 
として実現させました。

 
お客様に責任をもって
品質の保障をすることが大切だとの想いから
豚肉では日本で初めて
「トレーサビリティシステム」を導入しました。


 ▼トレーサビリティシステムはこちらです
  http://www.benibuta.co.jp/traceability/
 

当社の農場では生産した豚さんに
個体識別番号をつけています。

お届けした商品のラベルに
その個体識別番号が記載されており、
その番号をトレーサビリティシステムに入力して頂くと、

品種、と畜日、飼料、病歴、
生産者のプロフィール、
この豚を加工した工場を見ることができます。

農場から食卓までのルートを明確にし、
とことん「安心・安全」を追及したシステムです。
 
また、このシステムは「安心・安全」だけではなく、
味への責任を追及しました。

お客様から「お肉がパサパサ」しているとの
お問い合わせがあった際、

個体識別番号からさかのぼって、
農家、母豚、父豚、天候、温度すべてを調べ、
問題が無かったので、
その時あげていた飼料を調べることにしました。
 
一つ一つ原因を見たとこと、
飼料に配合されているトウモロコシを
生産している地域で雨が多く、
飼料がきれいに乾燥していないため、
それが肉質に影響してしまったということを
突き止めました。


その後、飼料会社さんに乾燥の重要さを
お伝えして問題は解決しました。


農場から食卓までのルートを
明確にすることで、お客様の声を、
農家まで直接フィードバックすることができ、
農家も会社も良い緊張感を持ちながら、
責任を持って商品を提供していける体制です。


たまに、他の件の豚肉が混在することはないですか?との
お問い合わせもございますが、当社は3か所の生産農家より、
生産、カット工場、加工、販売を一貫して行っておりますので、
他の豚肉が混在することは一切ございません。
どうぞご安心くださいませ。


長くなりました。。
ご説明の足りない部分もあるかと思いますが、
少しでもご不安の解決になりますよう願い、
お伝えさせて頂きます。


追伸
もし、よろしければ当社の豚肉に関する想いを書いた、
紅豚物語も合わせてご一読頂けますと嬉しいです<(_ _)>


▼紅豚物語
http://www.benibuta.co.jp/hpgen/HPB/categories/71569.html

出張のお知らせ。

10月29日(土)〜11月6日(日)まで

しのブー店長東京出張のため

発送作業をお休みとさせて頂きます<(_ _)>

御迷惑をおかけして誠に申しわけございません。

ご注文に関しましては年中無休でお受付いたしております。

10月29日の【肉の日】の商品をはじめ、

10 /29〜11/6の期間内に頂いたご注文は

11日7日(月)より順番にご発送させて頂きます。

ご到着は11月9日以降となっております

どうぞよろしくお願い申しあげます。

      

                       【おきなわ紅豚ネットショップ】 店長 しのブー

女子会!!紅豚コラーゲン鍋(^_^)/

大学のお友達と女子会(主婦会?)しました♪

今回は、友人のあっこん家で昼間から紅豚コラーゲン鍋!!!!

三十路手前軍団!コラーゲンたっぷりのコラーゲン団子

ドバッと入れてワッショイしちゃいました♪

まずは、お鍋をコラーゲンたっぷりにするためにコラーゲン団子と椎茸(出汁)をドボン!

お肉も準備万端!!!!

お出汁が出たらお野菜などを入れてグツグツ!

炊ける前に、しのブー撮影でパシャリ!みんな子育て頑張ってまーす♪

はい。

この後は紅豚コラーゲン鍋タイムに突入!!

写真が1枚もありませ〜ん^^;

みんなめっちゃ食べてました♪

美味しいって言いながら食べてくれて本当に嬉しかったです!!



紅豚を使用した良質のコラーゲンがたっぷり含まれる肉団子。じゅわっとあふれるジューシーな肉汁がたまりません。体の内側からおいしくコラーゲンやビタミンB1などを摂取できる「紅豚コラーゲン団子」は女性に大人気の商品です。鍋料理に入れると旨味たっぷり、コラーゲンたっぷりのおいしいお出しがでます。是非一度ご賞味ください。

紅豚コラーゲン団子を使ったレシピ
紅豚コラーゲン団子ときゃべつの小鍋煮
手作り豆腐と創作和食「居酒屋あにや」人気メニューより コラーゲンボール
【材料(4人分)】
●紅豚コラーゲン団子4個●キャベツ100g●水菜10g●豆腐1/8丁
<八方出汁>
●水100cc●かつお節5g●みりん25cc●薄口しょうゆ25cc

1.八方出汁汁を火にかけ、沸騰したら冷凍のままコラーゲン団子を入れ、煮崩れしないように弱火で5分煮る。
2.コラーゲン団子に火が通ったら、豆腐、キャベツ(半分の量)を入れる。キャベツがしんなりしてきたら残りのキャベツを入れて仕上げる。
3.仕上げに水菜をのせれば出来上がり。

今すぐごご注文はコチラをクリック>>


20110703

当店は「おきなわ紅豚」・「紅あぐー」の専門店です。

おきなわ紅豚お試しセット

紅あぐーお試しセット

まい泉さんの取組について

現在、まい泉さんにてこのような取り組みが行われています。

自分達にできることを日本の皆が行動しています。

東北の豚肉やお米を使ったキャンペーン、素晴らしいです。

農家の娘として、この素晴らしい取組に感銘をうけました!!!

ぜひ、みなさん食べに行かれてください<(_ _)>

▼詳しくは「まい泉」さんHPへ

http://www.mai-sen.com/new/katsuryoku_r.html

mai

29の日、カレー用紅豚【数量限定25%割引!】

地震から2週間以上たち、日々、辛い出来事や情報に溢れています。

被災された皆様、そのご家族の皆様、

心よりお見舞い申し上げますとともに、

毎日、沖縄から一刻も早い復興を願い続けています。

そんな中、このイベントを開催するべきかどうか、とても迷ったのですが、

私の使命は、父や農家の皆が心を込めて作った

美味しい「紅豚」や「紅あぐー」で

日本をちゃーがんじゅう(元気)にすることだと信じていますので、

開催することに致しました!

元気よく、笑顔で開催したいと思います!!!

【紅豚】肉の日タイムセール

今回の肉の日は、お客さまよりご要望の多かった、

紅豚カレー用」にしました(≧▽≦)ノ

コクのある、紅豚のウデ肉を、工場のスタッフが

一つ一つ丁寧に角切りにしてくれました。

いつも、心を込めて作業していますが、

今回はさらに心を込めて、みんなで頑張りました。

美味しいものを食べると、幸せになります。

紅豚がみなさまの美味しい食卓のお手伝いができるよう、

美味しい、美味しいカレーが出来るよう、

温かくて幸せな時間が過ごせるよう、

ちゃーがんじゅうになれるよう、 

たくさん、心を込めました。

どうぞ、ご自宅で美味しい紅豚カレーをお召し上がりください^^

カレー以外にも、シチューや、おつゆ、

煮込み料理酢豚にもGOODです! 

※大き目にカットしてあるので、

お好みの大きさにカットしても良いかと思います!

今回は、日本をちゃーがんじゅうにする

肉の日特価!として、通常価格¥1,312を¥980の特価販売いたします!!

通常より多めにご準備しましたが、55パック限定と数に限りがあります、

在庫切れの場合はどうかご容赦くださいませ<(_ _)>

東北地方太平洋沖地震当店にできること。

【おきなわ紅豚ネットショップ】 「しのブー」こと店長キナ、です。

3月11日に起きました、東北地方太平洋沖地震により、

多くの方々が犠牲となりました。

災害においてお亡くなりになられました方々の

ご冥福をお祈りいたしますとともに、

被災された皆様、そして、ご家族の皆様へ

心よりお見舞い申し上げます。  



今回の地震、あまりにも事が大きすぎて、 悲しみが大きすぎて、

胸が苦しくてたまりません。 連日、テレビから流れる映像やニュースを見て、 

ただ、ただ、悲しくなるばかりです。 

どうか、皆様やご家族、ご友人が ご無事でいますよう心から祈っております。



先日、被災地のお客様よりお電話を頂きました。  

お家が被災して、現在は九州に避難しているので、 

注文した商品を九州に転送して欲しいとのご連絡でした。

無事の確認と、声が聞けて安心したのですが、 

お電話の先のお声から、 お住まいの地域がどのような状況かが想像できて、 

胸が痛くてたまりませんでした。


日々支えて頂いたお客様や、ブヒマガを読んでくださり、応援してくださった皆様の中に 

今、辛い思いや不便な生活をされている状況の方が

沢山いらっしゃるかと思います。   

不安を抱えて、苦しんでいる大切な人達のために 

沖縄にいる私に出来ることは何なんだろうかと。毎日考えています。


そんな中、あるメールを頂きました。 

そのメールは、 私に出来ることを教えてくれました。

それは、先日お電話を頂いて、 

九州に避難されているお客様からでした。  



「味噌漬け、おととい 届きました。  

美味しかったです ありがとうございます」   



そして、追加のご注文がありました。 

お届け先はご実家の茨城でした。  



ご自宅に戻られたこと、 

これから復興のために大変な状況でいらっしゃるにも関わらず

御礼のメールをくださるお心遣いのこと、 

そして、2回目のご注文をくださったこと 

色々な思いが、嬉しくて泣いてしまいました。   

また、東京に嫁いだ娘家族に紅豚を食べて 

元気になって欲しいというご注文もありました。  


お客様のお声をお聞きし、私達に出来ることを気づかせて頂きました。 



それは、商品を通して「美味しい時間」をお届けし、 

少しでもみんなに元気になってもらうことです。  

そのためにも、私自身が前向きになり 笑顔で、

今まで以上に心を込めて、お届けしていくことが大切だと気づきました。   


微力ではございますが、 笑顔の増えるような商品を全国にお届けさせて頂くと共に、

義援金活動を頑張って、お役にたてるよう、

沖縄で精一杯頑張ります。  


ご理解、ご協力賜りますよう、 どうぞよろしくお願い申し上げます。