RSS
 

最後に

父、島袋さん、安次富さん、桃原社長、その強い思いを背負った「紅豚」。

出会った全ての人に支えられ、奇跡的に誕生した「紅豚」。

紅豚をきっかけに繋がった出会い。

たくさんの苦労もあったけれども、その何倍も素晴らしい経験させてくれました。

今後も続いていく「紅豚物語」、紅豚を召し上がってくださった全ての人が、物語の登場人物です。

この味に、全ての思いを込めて、これからも沖縄から安心安全で美味しい「紅豚」をお届けしていきたいと思います。

|5

ページトップへ