RSS
 

紅豚とは…

「紅豚」とは沖縄県内にあります3箇所の契約農家だけで、20年以上に渡り研究を重ねた結果、小麦、パン粉、米、甘藷(紅芋含む)、木酢液、泡盛もろみ酢粕、活性炭、乳酸菌などを配合した独自配合飼料を与えることによって、豚肉特有の臭みのない、ジューシーで柔らかい肉質と、驚くほどさっぱりとした甘みのある脂身の上質なお肉を実現することができました。

現在でも肉質の向上を追及する農家さんの努力は尽きることはなく、日々、飼育と美味しいお肉を作るための研究に取り組んでいます。

また、飼料と並び、豚のストレスを排除した生活環境を整えてあげることも豚を健康に育てるために大切なことです。

豚舎内は常に清潔な状態を保ち、豚さんの過ごしやすい環境の維持を心掛けるとともに、「紅豚生産農家」では離乳後の子豚を床マットと換気扇が完備され、室内外を自由に行き来出来る「とんとんハウス」にて飼育しているため、春夏秋冬快適に過ごしながら育つことができます。

このように大切に育てた「紅豚」をお客様のもとにお届けするまで、さらに安心・安全・高品質を保障した状態でお届けしたいと考え、豚肉では初めて「トレーサビリティシステム」を導入しております。

各商品に貼られているラベルに7桁の「安心番号」が記載されており、インターネットでトレーサビリティシステム専用のページの検索機能に入力して頂くと、生産者、品種、と畜場名、飼育情報、衛生情報などを見ることができます。

このように商品を明確にすることで、流通における各段階での食品の安全、信頼性確保の強化に繋がり、より良い商品を提供できるのではないかと考えております。

|4|

ページトップへ